フラれた彼女と復縁する5つの方法とやってはいけないNG行動6つ

メンタル

恋愛には悩みがつきものです。特に、男性に多い傾向にあるのが「別れた彼女と復縁したい」という悩みではないでしょうか。

少なからず失恋した男性なら誰しもが経験することだと思います。別れた彼女への未練。特に彼女の方からフラれた場合にはなかなか気持ちの整理がつかないものですよね。

そんな未練をスパッと断ち切って次の恋愛に移行できればいいことは頭でわかっていても、簡単にできるものではないと思います。

自分では気持ちの整理ができていたつもりでも、次の彼女ができても別れた彼女の存在が大きすぎて、元カノを超える女性が現れない、、、なんてこともあるかもしれません。

だからこそ恋愛における「復縁の悩み」が多いのだと思います。

今回は恋愛における「フラれた彼女」と復縁する方法を5つ、復縁するためにやってはいけないNG行動を6つ紹介していきたいと思います。

フラれた彼女と復縁できる確率は?

そもそも復縁の可能性はどれぐらいあるのでしょうか?別れた彼女と復縁すると決意したは良いものの、確率が低いのであればやる気もそがれてしまうはずです。

しかし、Rakutengetewayが500名の女性に対して「復縁」についてのアンケート調査によると、「女性の方から振った場合」の方が復縁の可能性は高いとのことです。

引用:https://gateway.rakuten.co.jp/journal/kanojo-fukuen/

・どちらから振った場合も、復縁の可能性あり  21%
・自分(女性)から振った場合は、復縁の可能性あり   26%
・相手(男性)から振られた場合は、復縁の可能性あり  11%
・どちらから振った場合も、復縁の可能性なし  42%

復縁可能性なしが46%ですが、女性に振られたというケースであれば、26%もの復縁可能性があるわけです。どちらか振った場合も復縁可能性ありが21%ということは、両方を足して47%。およそ1/2の確率で復縁できる、という見方もできるはずです。

このアンケート結果は、復縁願望がある男性には朗報と言える結果ではないでしょうか。

元カノと復縁する方法

振られた元カノと復縁する具体的な方法を5つ紹介します。現在の状況に合わせて、効果のありそうな方法を参考に、彼女と復縁するための行動してみてください。

別れてから再アプローチの期間を空ける

彼女にフラれたとき、もう一度アプローチするときに心掛けるべきこと。それは別れてから再アプローチまでの期間をしっかり空けるということです。

およその目安としては最低3ヶ月程度の期間は絶対に空けるべきです。別れてから(振られてから)すぐに連絡をとるなどの行動を起こしてしまうと女性側に「余裕がない」という印象を与えてしまう可能性が高いです。

女性に余裕がないという印象を持たれてしまうと、男性としての魅力を下げることにつながり復縁の可能性を下げてしまう危険性があるので避けましょう。

「このまま放置してしまっては他の男性に取られてしまうかも」そんな風に焦ってしまう気持ちはわかりますが、慌てて行動を起こしてしまい、更にマイナス印象を与えてしまっては元も子もありません。

別れてからすぐのアプローチはグッと堪えるようにして下さい。

また、彼女と別れた直後というのは喪失感から視野が狭くなり冷静な判断ができなくなるものです。つまり、実際以上に彼女に価値を感じてしまうということです。

再アプローチまでの期間で自分のスペックを上げる

また、この再アプローチまでの期間をただダラダラと過ごすのではなく、より復縁の成功率を上げるためにやるべきことしっかりと行い有意義な時間を過ごしましょう。

例えば、

・自分が振られた原因を徹底的にフィードバックする。
・自分のスペックの向上を図る

などを行って、自分自身が振られた原因をあぶり出してみましょう。原因さえわかれば改善を行うこともできるはず。たとえば、見た目の改善などはすぐにできることも多いと思います。

次回元カノと対面した時の印象を上げることを狙っていきます。

もちろん、これ意外にも復縁率を高めるためにできることは考えればいくらでもでてくると思いますので、元カノに対して際アプローチをするまでの期間を自身の向上、課題克服の期間として下さい。

実際そういった課題克服やスペックの向上が図れた場合、仮に元カノと復縁できなくても次なる恋愛で必ず役立つことになります。

振られた彼女の周りの友人に自身の成長をアピールする

この手法は少し裏技的な話になりますが、実は効果抜群の方法だったりします。その方法とは、元カノの周りの友人に自分の変化をアピールすることです。

例えば、きちんと仕事をして結果を出すといった変化や、時間を守れない人ならきちんと時間を守れるようになったとか、あるいはなよなよした感じの印象を女性に与えてしまうような人であるのなら少しでも男らしい行動や態度を取るようにするなどといった自身の成長を”間接的”にアピールしていくのです。

というのも女性の横のつながりは男性が考えている以上に強力なものであり、良い情報であっても悪い情報であっても即座に広まり、各々の女性の耳に入ることになるのが女性のネットワークの特徴だったりします。

そしてそのネットワークの特徴を逆手にとって良い情報を元カノの耳に”意図的”に入れるわけです。

「前付き合ってた〇〇君ものすごく仕事頑張っていたよ」
「〇〇君、男らしくなっていてたよ」

といった情報がネットワークに広がり間接的に元カノの耳に入れることができれば復縁のきっかけになります。

人間というのは第三者からの意見に信憑性を持つものであり、そこに高い信頼をおきます。特に日本人の民族性を考えてみても、他人からの評価などは特に気にする点です。

事実、自分の彼女のことを他人から褒められると実際に以上にその彼女が綺麗に見えたりするのは、まさに人間の深層心理には第三者の意見に信憑性を持つ傾向が強い現れだと思います。

だからこそネット通販サイトなどでは、口コミやレビューが多く使われるのです。

これは女性に関しても全く同じ。変わったあなたを彼女の友人を使って間接的にアピールするのです。

実際に連絡を入れてコンタクトをとる

元カノと別れてから再アピールまでの期間、自分磨きを実行し男性としてのスペックは心身ともに向上できた。元カノの友人たちを通して評価を上げる戦略も実行できた。

であれば、これからやるべきことは元カノに直接アプローチするのみ、です。

元カノ直接連絡をしてデートの約束をとりましょう。もちろん、一回目の電話でいきなり「会おう」と打診する必要はなく(むしろしない方が得策)、まずは軽いフランクな感じで近況などを語りあい、壁を少しずつ壊していきます。

また、ここまでの期間でしっかりと準備してきたことなど(自分磨き)はできる限りアピールしないようにして下さい。

男性からの必要以上のアピールを好む女性はいません。

ですので、あくまでも会話を楽しみその延長線上に「じゃあ久々に飯でも行くか」というノリでデートに誘うようにして下さい。

その際、一回目の連絡でデートの約束をとる必要はありません。仮に一回目の連絡時に元カノ側の反応が良くなくても、まずは普通に連絡を取り合える関係を構築していきましょう。

そして何回目かの連絡でデートを打診するようにしてみて下さい。

デート時に直接的なアプローチをしっかりととる

デートの約束が取れれば、デートのプランを考えます。

基本的にはそれほど肩肘を張ったデートをする必要はなく、お互いが話しやすい環境でのデートであれば問題ありません。

オススメは2人で付き合っていた頃には行ったことがない場所などをデート場所としてチョイスするのがいいでしょう。

その方が新鮮さや刺激を与えることできます。より良い雰囲気で過ごすことでできれば再度告白する時の大きな後押しとなるので、お店選びは慎重に選びたいところです。

これも先ほどの連絡の時と同じで、一回目のデートで無理やり告白する必要はありません。それよりもアポ時に意識してほしいことは、2人の間の壁をできるだけ壊していくということです。

いきなり告白といった行動をとるのではなく元カノとの会話において「男性的な魅力」や「居心地の良さ」「話しやすさ」などを元カノに感じてもらい、より親密な関係性を構築していくことに専念します。

仮に一回目、二回目でそういったもの元カノに伝えることができなければ、三回、四回とデート積み重ねればいい。

肝心なことは告白して了承が得られるという”より確実な”段階で告白をすることであり、一か八かといったギャンブル的思考で向き合ってはいけないということです。

回を重ねてより、関係性を近づけてあとは「もう一回やり直そうか」と一言で全ては決まる。その段階まで戦略的に進めて、復縁するべくして復縁する。これを目指していって下さい。

また告白の際はそれほど凝ったものではなく単純に「もう一度付き合いたい。」という自分の気持ちを伝えることができれば十分です。

元カノと復縁するために絶対にしてはいけないこととは

ただ、復縁を目指す上で絶対にしてはいけないことがあります。

あなたがそんな気がなくても、振る舞い次第では女性の側に悪印象を持たれてしまったり、それこそストーカー認定される恐れがある行動も存在しますので気をつけて下さい。

当然、そんな印象を持たれてしまっては復縁どころの話ではなくなってしまいます。

ここでは、一体どのような行動(アプローチ)が女性の側に悪影響を及ぼすのか?復縁したいのならとってはいけないNG行動を6つ紹介していきます。

1、相手が返信してきていないのにこちらからガンガン連絡をする

連絡に関しては基本的に相手からの返信があったらこちらが返すというスタンスは絶対に崩さないようにして下さい。

イメージとしては、向こうから返信が来ていないのに返信を1通送るたびに評価が1ずつ下がっていき、それを繰り返せばどんどんあなたの評価は落ちるという感じです。

10回以上立て続けにメール(LINE)を送れば、間違いなくストーカー認定を受けるので復縁したいのであれば絶対に避けるようにして下さい。

2、教えられていないSNSを見つけ出して、そのアカウントに連絡をする

これに関していえば一発アウトの場合もあります。

仮に自分が教えてもいないSNSのアカウントを見つけだされて、友達申請なんて送られて来たら怖くないですか?

つまり女性の側もそのように感じているのです。また、その「SNSを見つけ出す」ということ自体女性からすれば恐ろしい執着心を感じるようです。

3、SNSに1日も何度も訪問し足跡を残す

これは先ほどのSNSを見つけ出すに関連することですが、SNSに足跡などを残していると女性の側は恐怖心を抱くようです。

4、街などでたまたま目撃したことをLINEなどで連絡する

「今日〇〇にいたでしょ」といったLINEもあなたにその気がなかったとしても、女性の側に相当な恐怖心を与えることになります。

仮に街などで見かけたとしても、絶対に「今日〇〇で見かけたよ」なんてLINEは送らないようにして下さい。

5、熱い思いをメールやLINEで送り続ける

これは別れ際に多いようですが、女性を思う熱い気持ちをそのまま表現してしまうと女性の側には「重い」あるいは単純に「キモい」と感じるようです。

ですので間違っても「熱いメール」は送らないようにして下さい。

6、偶然を装って再開する

これは女性の側には完全にバレています。

女性の場合、相手を洞察する能力に関しては男性では想像できないぐらい高いので、本当の偶然でない限り「偶然を装う」のは避けるようにして下さい。

男性と女性の感覚は全く違うものです。

こちらが良かれと思ってやってしまったことが、女性にとっては「怖い」「キモい」と感じる場合なんてものはいくらでもあります。

また今説明しました6つのことは特に女性に「怖い」「キモい」と感じさせてしまうものですので、一回でもやってしまうと復縁の可能性0になることもあります。

だからこそあなたが元カノとの復縁を本気で望むのなら、自身の行動に関しては細心の注意を払うようにして下さい。

中には思わず衝動的に取ってしまう行動もあるかもしれませんが、ぐっとこらえて我慢するようにしましょう。

フラれた彼女と復縁する方法まとめ

今回紹介した、フラれた彼女と復縁する方法5つ、復縁するために取ってはいけないNG行動6つ。是非、参考にしてみてください。

ただ僕の経験からも言えることは、仮にその彼女と復縁できなくても、フラれた彼女よりも魅力的な女性は世の中にたくさんいる、ということです。

フラれて気持ちが落ち込んでいるときほど、自分の視野も狭くなってしまっていることが多いものです。一度冷静になって考えてみて、復縁はしたいと思いつつも新しい出会いも視野に入れていくことをおすすめします。

フラれた彼女にこだわらず、余裕のある態度で以前の自分よりも「自分の魅力」を高めていくための努力を続けていれば、あなたが忘れた頃にフラれた彼女の方から連絡が来ることもあるかもしれませんよ。